読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ak毎日ブログ

大分暮らしの地方ウェブデザイナーakが、毎日ナニカを語るブログです

クラウド化を身にしみて感じる

雑記

f:id:Keiro:20141030223617j:plain

ウェブ業界に身を投じた私ですが、
「もはやどこにいても仕事できるんだなぁ」と思うことが多くなってきました。

クラウド化とはずいぶん昔からよく言われていましたが、
やっと自分で身にしみて感じるところまできたなぁと思います。

今までもプライベートであれば十分クラウド化を感じることができていました。
代表的なのはiCloudだと思います。
携帯で保存したデータが意識しなくてもクラウドで保存されて
新しく携帯を買い換えたときに自動的に復元されたり、
あとはDropbox、GoogleDrive、OneDriveなどのサービスも
携帯で撮った写真や、パソコンで保存したデータなどを
また別のパソコンでも簡単に同期できたりします。

そういうプライベートな状況でのクラウド化は意識していたのですが、
もはやビジネスにおいてもクラウド化は当たり前の状況だと思われます。

とくにウェブ業界は完全にそっちの方向にシフトしているような気がします。

まず、メールはGMail。
とはいえ、ドメインがgmail.comというやつじゃなくて独自ドメインです。
つまりメールの管理ソフトをGmailにするいったイメージ。
こうするとどのパソコンを使っていようが変わらずメールの対応ができます。

次に、チャットはSlack。
Slackを使うと場所を選ばずいつでもチャットできますし、
グループチャットも簡単につくれます。
あとチャットの履歴は全て残せますので、後から入った人も把握しやすいです。

制作物の共有はGit。
GitHubをはじめ、他にもビジネスで利用できるプライベートなgitサービスがあります。
そういうサービスを利用すればいつでもGitで同期して制作を行えます。
更新があればその場でプッシュすればOKです。

WordやExcelはGoogleDrive。
GoogleAppsのGoogleDriveを使えばグループ内でWordやExcelなどを共有できます。
共有するだけではなく、どこにいても同時に編集も可能です。

これだけあればほとんどビジネスで利用するツールを網羅できます。
パソコンのスペックにシビアな業界とかはなかなか普段使っているパソコン以外の
パソコンで作業しにくいというのもありますし、
制作物が途方もなく多く、でかいという業界にもなかなか浸透しにくいと思います。

なので私は今まであまりビジネスの場ではクラウド化を実感したことがなかったのですが、
ウェブはさほどサイズも大きくないし、パソコンの性能もそこまでシビアではないので
本当にクラウド化が当たり前な感じになっているのを感じています。

ホントMacBookAirとiPhone(テザリング用)さえあれば、
どこにいても同じような環境で作業できます。

これはすごいことだなぁと日頃よく思ってます。

広告を非表示にする